六甲&色々山歩き

六甲山中心に山で遊んでます。 平日は六甲。週末は少し遠くへ。春は花・夏は沢・秋は紅葉・冬は雪。一年中、遊べる幸せ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバタケダンは山の名前

2010年10月24日(日)曇りのち雨

昼から雨の予報だったけど、予定通り山へ。SRCの例会です。

行き先は京都と福井の県境の山、オバタケダン。

オバタケダンからの景色

オバタケダンからの眺望です。
雨が降る前に見ることが出来ました。
山の名前は地形図には乗ってない、
古いエアリアの「京都北山2」の左上、端の方に有るがそこにも名前は乗ってない。

でも、あの山域、「若丹国境尾根」結構気になっていたんです。
どちらかというと、もう少し東。八ヶ峰・知井坂の方ですけどねえ。

登り口

こんな標識の所から登ります。

建物

稜線に出ると、建物が・・NTTの無線施設のようでした。

尾根歩き

オバタケダンの稜線はブナやミズナラの静かな尾根で、良い感じで歩けます。

後少し

後少し、あそこがオバタケダン。頂上。所々標識もありました。

オバタケダン

山頂です。180度は切り開きで展望が開け、あとの半分は林で遮られています。

お祝い

その山頂で、結婚したと報告のあった仲間へのお祝いです。
ケーキ入刀
ごめんね小さいのしかなくって。急遽、途中で買ったんで~

ケーキもいただき、お昼も食べたところで、雨がポツポツしてきました。

もう先へ進むのは止めて下山に掛かります。
帰りは少し大回りして、六地蔵を見に行きます。

六地蔵

苔むした六地蔵さんが並んでいました。
古い峠越えの道だったんですね。

林道を行く

堀越峠から、林道を下り駐車地に戻りました。

ここで解散し、私達は車3台で、青葉山の麓の中山寺へ行くことになりました。
青葉山の麓と言えば松尾寺。って思っていたんですが、中山寺は
2年前に行った時に、車をおいた、青葉山青少年旅行村の側にありました。

ちょうど33年ぶりのご開帳で馬頭観音様が拝めると言うことなのです。33年に1度となれば次の機会にはいないかも知れない。
あまり仏様に関心のない私ですが、これも何かの縁だと思いご一緒させて頂きました。

雨が降った為か?あまり知られていないのか?お寺に着いた時は私達だけで、御住職も留守だったんですが、出てきた方が親切に案内してくださいました。

中山寺

雨で少し見えにくかったんですが、海が見えてます。

ご本尊の厨子

ご本尊様の厨子です。写真を撮っても良いと言うことだったんで撮らせて頂きました。

馬頭観音

こちらは33年ぶりにご開帳の、重要文化財、馬頭観音様です。
あまり綺麗に撮れてませんが、なかなか良いお顔されています。
色々お話も聞かせて頂き、少し改まった気持ちになり帰ってきました。

偶に仏様と対峙するのも良いですね。

ご一緒してくださった。mさん、遠くまで運転ありがとうございました。
そして、SさんYさんおめでとうございます。お幸せに

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pikku2000.blog64.fc2.com/tb.php/809-e36a4930

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

pikku

Author:pikku
山が大好きです。六甲が近いので、ボチボチ行ってます。
猫2匹飼ってます。って言うか、猫に使われてる毎日です。

FC2カウンター


無料カウンター

月別スクロール

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。