FC2ブログ

六甲&色々山歩き

六甲山中心に山で遊んでます。 平日は六甲。週末は少し遠くへ。春は花・夏は沢・秋は紅葉・冬は雪。一年中、遊べる幸せ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苫編山・山陽電鉄に乗って

2010年10月29日(金)曇り

姫路の手前、手柄駅から苫編山(とまみやま)へ行ってきました。

山頂からの景色

山頂から見た景色です。ちょっと曇り気味

苫編山の場所です。

山陽電鉄のハイキングで気になっていた苫編山(とまみやま)
標高165.8mやし、でも11km、健脚向きになってる。

略図

(山陽電鉄のHPから転載しました。良かったかなあ?)
HPに載ってる略図はホントに略図で判れへんけどこれをコースとして考えるのも面白い。色々考えるだけであっという間に時間が経つ。

地形図から大体のコースを予想する。
それに今日からスルッと関西の3day切符発売やし。
3回行って5千円、つまり1回1,670円以上だとお得。
ということで、通常2,480円の交通費のところへ
810円のお得!

最寄り駅では3day切符売ってないので、十三駅サービスセンターで買う。
電車が来たので急いで貰って、飛び乗り。
1時間40分の電車旅の末、10時半手柄駅出発。

のっけから道を間違う。手柄山中央公園が判らなかった。
(電鉄ハイクの日だと、500人位の参加なので間違うことはないと思う)
コースは手柄山中央公園10時集合~法輪寺~荒川神社~本徳寺別院~苫道国主神社広場~英賀神社~夢前川駅
説明:苫編山山頂から眺める瀬戸内海の景色が素晴らしく。又豊臣秀吉にまつわる興味深い伝説を持つ法輪寺(別名、湯だくさん茶くれん寺)

うーん、このコースのどの段階で苫編山へ登るんだろう??
地形図にはお寺や神社の名前は載ってないし、

手柄山遊園地

とりあえず、手柄山遊園地、平日だし何だか寂しい感じだけど、営業中です。

手柄山中央公園

グルッと回ってスタート地点、手柄山中央公園発見。反対に回ってたようです。
次は法輪寺。
湯沢山茶くれん寺

湯沢山茶くれん寺。秀吉がお茶をもらったお寺と書いてありました。

ここまでOKだったけど、苫編山の登山口を間違っていて、ウロウロしたあげく、藪こぎ。「これはないよな、500人参加のハイキングやで」と言いつつ、稜線に出る。道はあるが間違っている。でも戻るのいややし、
そのまま進む。

ここからみると遠そう

山頂に反射板の見えるところが苫編山のようです。何だか遠そうやなあ。

やっとでた標識

稜線伝いに行くと、やっと標識発見。道はあっても全く標識がないと不安ですねえ。これで、元気が出ました。

ここに出れば簡単?

しばらく歩くと、鞍部に道が・・
この下から登れば早かったかも?でも、結構草が茂ってました。

山頂の反射板

着きました。苫編山山頂の反射板です。

記念撮影など

稜線づたいで苫編山の山頂12時半着、13時昼食後出発。
思ってたより早く着いたので、記念撮影などのんびりしています。
ありゃ、レンズの前に草が~

これから行く道

さて下山。なかなかいい感じの道です。

13時水道施設横に下山。

川沿いの道

夢前川沿いを歩き、夢前川駅着14時20分

全く土地勘がないので、お寺や神社が判らず、下山時にはコースを気にせず歩いた。あまりきちんと調べると、読図的には面白くないし、調べないと登山口からして間違うことになる。帰ってから、コースを考える。
もう1回行ったら判るかな?でも、もうこのコースは良いや。
と、今の所、思った山でした。

本日の地図。
結果の地図

最初に載せたコース図とはだいぶ違いますねえ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pikku2000.blog64.fc2.com/tb.php/815-338c8b97

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

pikku

Author:pikku
山が大好きです。六甲が近いので、ボチボチ行ってます。
猫2匹飼ってます。って言うか、猫に使われてる毎日です。

FC2カウンター


無料カウンター

月別スクロール

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。