FC2ブログ

六甲&色々山歩き

六甲山中心に山で遊んでます。 平日は六甲。週末は少し遠くへ。春は花・夏は沢・秋は紅葉・冬は雪。一年中、遊べる幸せ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武奈まで行けず、御殿山手前

2011年1月16日(日)雪 寒し

今年最大の寒波!(って、今年はまだ16日目やけど)
岳連のパーソナルで武奈ヶ岳の予定。でも、どうなるんやろ?
坊村に行けるんやろか?
と、6時40分梅田に集合。

坊村

坊村も真っ白、初めてです。ここまで雪があるの

登山口坊村の場所です。

総勢24人、誰もこの天気に止めようとは思わなかったらしい。

湖西道路は途中からすっかり白くなってる。
だけど、途中除雪もされていて、9時半頃に坊村に到着。

準備中

準備中です。雪が多い

人数も多いのでなかなかスタートできない。
(これこれ、あんたが一番遅かったんちゃうの)
雪の降る中での準備、気を付けなアカンなあ。

スタート

10時過ぎ、4班に分かれてスタート。
前にはバスで着いたグループ20人位?がいる。
途中でその方たちの前に出て進む。

私はB班、A班の後ろやからラッセルはしばらくせんでも良い。と思ったが、いつの間にか先頭になっていた?
まあ、トレースもあるし。

先行していた単独の方がラッセルしていたようで、追いつく。

登る

ラッセルの練習も兼ねて交代しながら進むことになる。
雪がだんだん多くなってきて、ワカンに履き替え。
この時、アイゼンのままの方と、ワカン・スノーシューの者とが出来る。
別に良いけど、せっかくのラッセルチャンスやのに、何で履き替えへんの?
なかなか経験でけへんよ。


時々休憩して温かい紅茶を飲む。
ラッセルを最初は10人位で、最後は3・4人で交代しながら行く。
吹き溜まりで膝ぐらい。もうあとちょっとと思って進むが、1時過ぎてもまだ御殿山に着かない、回りこんだところで、まだあと300m位はありそうだと気がつく。
お腹も空いたし、ここで終了しようかな?
平になってるし、25人位集まれる。

休憩

ここで終了しませんかと、リーダーに声を掛け、一旦集まる。

「お腹すいた」と言ったら、もう食べた人もいた。
歩きながら、もう少しエネルギーを取ることも考えないとアカンなあ。
一応ポケットに色々入れてたけど、ポケットのファスナーを開けて取り出して食べる余裕がなかった。
お茶を飲むときに一緒に食べるようにしないと、歩きながらは難しい。


ここで終了

後ろにいたバスグループが追い越していく。
ラッセルがんばってください。
こちらのグループも2陣に分かれて、何人かは御殿山へ向った。
お昼を食べようと思ったけど、おにぎりは食べられへんかった。
一応カイロ張ってきたから、凍ってはいないが出した途端に冷えて冷たすぎる。
パンを少し食べる。お湯を持って来たが使う余裕が無い。
食料にもう少し工夫が必要。

20分位休んで引き返す。
下りは順調に行き、御殿山組も下山するまでに合流できた。

下っていきます。

降りていきます。

ふう、降りてきました。

ふう、降りてきました。

坊村でお茶を飲んで解散。

好天の時はなんとも思わないが、厳しい時はやっぱり分かっているものとパーティを組みたい。
24人は多すぎる。
後ろと前では感じたことが全然違うと思う。
これではパーティと言えない。

それでも、やっぱり厳しい時のほうが学ぶことが多い。
参加してよかった。

本日のコースです。

本日のコース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pikku2000.blog64.fc2.com/tb.php/844-9188b390

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

pikku

Author:pikku
山が大好きです。六甲が近いので、ボチボチ行ってます。
猫2匹飼ってます。って言うか、猫に使われてる毎日です。

FC2カウンター


無料カウンター

月別スクロール

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。