FC2ブログ

六甲&色々山歩き

六甲山中心に山で遊んでます。 平日は六甲。週末は少し遠くへ。春は花・夏は沢・秋は紅葉・冬は雪。一年中、遊べる幸せ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンダルム

2012年8月11日(土)霧時々晴れ

さて今日は、今回の核心部、穂高岳山荘から、西穂山荘
つまり、奥穂高岳から、ジャンダルム、西穂高岳です。

2003年に見たジャンダルム

これは2003年に奥穂から見たジャンダルムです。(すみません、私の撮った画像ちゃいます。その時ご一緒した友人の画像です。私のは殆ど残ってない(涙)これを見て、私の写真だと思ったあなた。使わせて頂いてます。良いかしら?)
今日は霧の中、でもあの時行きたいと思った所へ足を踏み出せるんです。
連れて行ってもらうんではなく、いつものメンバーで、それぞれの足で。
ここまで来られて良かった。

5時です。残念ながら霧の中。日の出は見られません。
でもボチボチ明るくなってきています。
予報では霧があっても晴れるようです。

5時スタート

穂高岳山荘の前で記念撮影してスタートします。

奥穂高岳頂上

40分程で奥穂高岳山頂。相変わらずの霧。

さていよいよ西穂へ

西穂へ向かってGO
何の変哲もない標識やなあ。
さあ、西穂山荘まで何時間掛かるんやろう。
すれ違う人次第。
ここまで来て、自信がなくなる、お天気は大丈夫か?
ほんとに行けるのか?
弟は、「ジャンダルムまで行ってダメなら引き返せば?」なんて言うけど、引き返せるような所ちゃいました。

追い抜いていく人

これがコース?と、躊躇していると後から来た人が抜いていきます。
「私等3回目です。初めてですか?やめたほうがいいんちゃいますか?」

「はあ、たかだか3回目でヘルメットもしてないおっちゃんに言われたくないわ。
あんたらだって、1回目あったんやろ。
うちらの歩き方を見たんかい。
さっさと行けや。」
と、心のなかでつぶやいて
それでも、こわごわ進んでいきます。
何しろなんにも見えません。想像するだけで恐い。
だから写真もありません。

少し見えた

でもだんだん霧が晴れてきました。ここが馬の背らしいです。

こんな所もありました。

こんな所もありました。でも、登ってるんだか、下ってるんだか?覚えてません。

槍が見える

振り返ると、青空と槍の穂先が見えます。

ジャンダルムも見える。

目の前にはジャンダルム。
うっすらと見えてきました。ちょっと、元気になって来ました。憧れのジャンやで~

ジャンダルム頂上、バンダナショット

ジャンダルム頂上でバンダナショットです。
この時点で7時半

槍穂の稜線を霧が超えていく

霧もだいぶ晴れてきました。あそこは、去年歩いたところや。
なんて言う余裕も

奥穂が見える

奥穂が見えます。あそこ歩いて(むしろ這って来たという方が正しい?)来たんや。
奥穂の頂上には人影も見えてます。9年前の私と同じように次はジャンダルムって、思ってる人もいるかも?
まだこれから先が長いので、のんびりしてられませんが、ちょっとは感傷に浸らせて下さ~い。

ジャンダルム頂上

これがジャンダルム頂上です。

振り返ってみるジャンダルム

降りて振り返ってみたジャンダルム。さっきまであそこにいたんや、カッコイイなあ。
あれ、下にいる兄ちゃん、そこコースちゃうよ。(人が右下にいるの見えるかなあ?)
叫んで、コースを教えます。気をつけて~(お互いに)

ここでジャンダルムを見ながら一休み、朝ごはんのお弁当を食べます。
天気も良くなり、無事ジャンダルムも越えて、元気になってさあ進みましょう。

先は長いよ、あれが西穂?

これから行く先はと見れば、やっぱりまだまだこれから、
あれが西穂かなあ?

天狗のコル

ここは天狗のコル、道なんて見えへんけど岳沢へ降りる道です。
二人連れがここから降りて行きました。
すれ違う人も出てきましたが、そんなに多くないので余裕を持ってすれ違えます。
後から追いついてきた人には先へ行ってもらいます。
焦らない、焦らない。

こんなとこも歩きます。

こんな所も歩きます。でも少しずつ慣れてきてちょっと余裕が出てきました。
(って、やっぱりあんまり覚えておりません。)

あれが、西穂高岳

西穂高岳までもう一息と、思ったけど、
次の標識に絶句

この標識が恐い

読めますかね?
「キケン!この先クサリは使えません。支点が抜けてます、絶対に体重をかけな」
エエッ!

鎖が使えない

体重かけないでね。と言いながら、ちょっとだけ掛けて降りました。

ヨツバシオガマ

でも、途中には花も咲いてたりして、少し余裕がもらえます。ヨツバシオガマです。

真剣な私

真剣な私です。慎重に進みます。

西穂高岳頂上

12:26 西穂高岳頂上。ここまで来たら大丈夫。と、ヘルメットを外す弟 人も増えてきました。
写真も撮っていただけます。

救助ヘリ

でも、救助ヘリが飛んできました。
独標の向こうです。霧が出てきて、救急隊員を降ろしただけで引き返して行きました。
気を引き締めて歩かないと、油断は禁物。
(ヘリはしばらくしたら引き返してきました。乗せやすい所に移動して、遭難した人は自力でヘリに乗ったのでちょっとホッとしました。)

ピックアップする所

これがピックアップした所です。(真ん中の砂ぼこりの所)
ここまで来ると岩場はないけど足元が悪くって、(結構疲れてるので余計に足元が・・)

西穂山荘に到着

3時前に、西穂山荘に到着しました。5時に出発して10時間。よく歩きました。
今日はここまでです。

くつろいでます。

フウ、くつろいでます。明日はロープウェイの駅まで歩くだけ、
お疲れ様でした。
さて、来年はどこへ行こう。
(まだ早いんちゃう。でも、来年は楽な所がいいかな?)

コメント

ひやーーすごいですね。

はじめまして 以前より 時々拝見しています。

いつだったか 六甲ですれ違った記憶が。
どんどん 進化され 沢歩き 北アルプスは
ジャンダルム~--西穂ー★

すごいです。

Re: ひやーーすごいですね。

はじめまして~
コメントありがとうございます。
ほったらかし、時々ログインのブログです。

ジャンダルムは私にとっての一大イベントで、
これでもう思い残すことがないって位の場所でしたが、やっぱり背伸びしすぎというのがよく判りました。
終わってから1週間ほど放心して、そのあとはまたせっせと、暑い低山ウロウロしています。
六甲などでお会いしましたら、声掛けて下さい。(って、お顔判っておりませんね。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pikku2000.blog64.fc2.com/tb.php/939-39df1523

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

pikku

Author:pikku
山が大好きです。六甲が近いので、ボチボチ行ってます。
猫2匹飼ってます。って言うか、猫に使われてる毎日です。

FC2カウンター


無料カウンター

月別スクロール

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。